家庭菜園奮闘記 その36  

 

                いちご栽培記

 

 もうすぐおいしいいちごが収穫出来る時期になりました。 過去のブログ「家庭菜園奮闘記」でも何回か紹介したように、私は2種類のいちごを栽培しています。  

 栽培していると言っても家庭菜園ですから、各々20株程度なのですが、いずれも友人から品種名は聞かず甘さが強いいちごだと言われてもらった苗を育てているのです。

 同じいちごと言っても、この二つは見た目にもかなり違っています。

f:id:koufuku-kyouden:20210430092123p:plain

  写真で見てわかる通り、左側は背が低く、これは通常そこここで普通に栽培されているものと同じように見えます。 右側は葉も花茎も上側に伸びあがっており、全体に背が高く葉も大型です。 

 味も香り大きく違い、背の低い方は普通に甘く美味しいのですが、背の高い方は甘さも香りも一段と強く、スーパーで販売しているものでもこれほどおいしくて香りの強いものはなかなかありません。 

 特に収穫しながらのつまみ食いは本当のとれたてで、いちごを最もおいしい状態でいただけるので、最高の甘さと香りを味わうことが出来ます。

その代わり背の高い方は育てにくく、病気になって枯れたり花芽が少なかったりと収量が安定しません。 しかも背が高いので風が吹くとすぐ葉が傷つき、枯れてきます。 おいしい植物は弱いのです。 

 かなり苦労して育てているのですが、甘いいちごを食べたい一心で努力した結果、この頃はだいぶ上手になってきて今年は写真のようにそろって大きく育ちました。 

 

 ここで、私の栽培方法を紹介いたします。

 4月になるとランナーが伸びてきますが収穫前・収穫中はランナーを皆、撤去してしまいます。 5月は収穫真っ盛りなのですが、早めに収穫が終わった苗を4本程度空いた場所に移植します。 移植した苗からランナーが出てきますので、これから根付く子苗の元気なものを8月頃に各30本程度仮植えします。 10月~11月にこの苗のうち元気なものを各20本程度定植します。 

 定植する場所は、7~9月頃にしっかりと施肥し、畝を作ってマルチ掛けし寝かせておきます。 施肥は発酵鶏糞油粕苦土石灰に加えて「魚粉」を混ぜています。 あるいちご農家が、いちごの甘さを強くする工夫として魚粉を用いているという記事を見たので、私も取り入れています。 

 定植した苗は冬でも花芽が出来、花を咲かせることが有りますが、3月初旬までの全部撤去しています。 3月中旬から伸びてきた花芽に花が咲き、5月に入ると色付き始めます。 実が色付くとすぐにカラスや雀がついばみに来るので防鳥ネットを施します。

       f:id:koufuku-kyouden:20210430092546p:plain

 防鳥ネットは2分割となっていて、頂上で左右に分かれますので収穫の時には片側を簡単に開けられるようになっています。 

 プロ農家は実を大きくするために実数を制限して粒の大きさを大きくしているといいますが、面倒でとてもそこまでは出来ません。 自分で食べるので、大きさは不揃いでも味は変わりません。

 7~9月頃に定植用の畝づくりをすると書きましたが、を作ったら表面にたっぷりと散水してからマルチ掛けをします。 できれば7月にすると有機発酵が進み、夏の暑さでマルチシート内の温度が高くなり病原菌が死滅しますので苗が病気になるリスクを軽減できます。 

 人も植物も愛情をもって手を掛けた分だけ、応えてお返しをしてくれるのです。

家庭菜園奮闘記 その35

                                                          大きくなりました

 

 今年からの収穫を期待していて、何回かブログにも登場したアスパラの収穫がいよいよ始まりました。

                               f:id:koufuku-kyouden:20210421143003p:plain 

 昨年は殆ど収穫しませんでしたが、1年で株がずいぶん大きくなったので期待していましたが、期待に応えて太い芽が沢山出てきました。 3日~4日毎に20本程度収穫しています。 思えばこのアスパラは種まきから始めて、やっと収穫までこぎつけました。 3年前は発泡スチロール箱の中でした。

                                f:id:koufuku-kyouden:20210421143207p:plain

    

 野菜は手をかけた分だけ成長することで応えてくれる上、めいっぱいのおいしさも提供してくれるので、本当にやりがいがありますね! 

 

 芽を出したジャガイモもどんどん大きくなりだしました。 

                             f:id:koufuku-kyouden:20210421143340p:plain

 

 

   いちごが花盛りです。 今年も甘い実を沢山つけてくれそうです。

                           f:id:koufuku-kyouden:20210421143516p:plain

  

 一昨年に、1本だけの株を植えたうども大きな株になって、今年も芽を出してきました。

                       f:id:koufuku-kyouden:20210421143703p:plain 

 あまり沢山芽を出したので、一部は収穫しました。 3~4日後にはもう一度収穫予定です。

                                    f:id:koufuku-kyouden:20210421143858p:plain

                             収穫したうど                 

 

 これから、夏野菜植え付けが始まります。 今年もおいしい野菜を沢山収穫出来るように頑張ります。

令和の日本列島改造論 その10

         森林利用計画を国家として取り組め!

 

開発人生記 その7」で日本の林業の大幅なコストダウンと広範な日本国土の有効利用を目指して「六脚走行機械」を開発していると記載しましたが、この機械が完成すれば今は搬出コストが高価すぎて利用できない山奥の木々まで利用可能となるため、輸入材国産材に代わり間伐材まですべて搬出できるようになるので、建材だけではなく国産バイオマス原料も劇的に増加することとなる。 

 政府は2,050年までにカーボンニュートラルと言っているが、多分に原発稼働を見込んでいるのであろう。 しかし、最後の始末が決まっていない原発をこれから新規に造るなどは論外であり、国民は決して許容しないであろう。 カーボンニュートラルに貢献する現在の技術で、安定電源として増加できる再生可能電源バイオマス発電が筆頭であると思う。 これが出来るかできないかは、ひとえに政府の決断にかかっている。

 「令和の日本列島改造論 その3」で記述したように、日本の山村・山林は危機的状況にある。 この根本原因は国の土地利用に関する無策にある。 国は日本の国土全体を有効利用し、国民に最大の幸福を提供する義務があるにもかかわらず、国土、特に山村・山林の利活用に関しては、全く無知・無策である。 国は国土全体の有効利用に関し、法整備も含め関与を深めていかねばならない。

 

 森林には国家を守る様々な機能が有る。 先ずはこの機能を最大限に生かすために、どのような機能が有るかを把握しておかねばならない。 森林には森林として存在するだけで水源としての涵養及び洪水防止流出調整機能CO2吸収機能多様な生物育成保護機能木材・燃料・食料・薬物供給機能等様々なものがあり、これから流れ出す川が海に注ぐことによって、そのミネラル等の栄養分海の生態系も豊かに育まれるのである。

 このような機能を持続的に最大限国民の利益になるように管理するには国家が全国的な視点で利活用をデザインする必要がある。 森林は放置すると次第に原生林となっていき、CO2吸収量も限定的となる。 森の木は切らないのが良いのではなく、人間が管理・利用できるところは植林~育成(下草刈り)~枝打ち~間伐~皆伐のサイクルを維持し、常に成長する森林を維持することがCO2削減に寄与するのである。 それでは、森林はどのような考え方で利活用のデザインをするべきなのでしょうか。

 

国が主導し国産材生産計画をたてる

 日本で必要とされる木材生産量はどの程度であるのか、将来にわたって推計し、生産計画を立てる必要がある。 建材として代表的な杉と檜を例にとれば、杉は植林から40年~60年、檜は60年~80年程度が主伐適期でしょう。 毎年一定量の供給が必要であれば杉であれば育成区画を50等分して毎年植林を繰り返せば、50年後からは毎年一定量の主伐が可能となるはずです。 樹種ごとに主伐適期は変わりますし、地域ごとに生産樹種も変わりますから、国が音頭を取って50年後や80年後の需要予測を立て、生産サイクルを確立するように導いていかねばなりません。 

 

原生林・雑木林・木材生産林の適正配置と管理を!

 建材となる木は杉や檜のような常緑針葉樹が多い。 森林の機能である水源としての涵養及び洪水防止流出調整機能、多様な生物育成保護機能などの自然環境を考えれば、落葉広葉樹林を残すことが必須となる。 

 森林を長期に放置すれば次第にその土地の環境に合ったブナやタブノキといった陰樹の極相林すなわち原生林となります。 原生林は水源地として広範囲で保全することが求められる場所がありますが、CO2吸収能力が限定的となるため、建材生産やバイオマス原料生産地とは区分する必要があります。 

 CO2吸収のためには若木を育て、それを建材や燃料として活用することが求められます。 里山ではコナラクヌギを中心とした雑木林が広がっている地区が多いが、薪炭需要が減少した現在は利用されず放置され、ジャングル化したところが多い。 雑木林は落葉樹が多いため腐葉土が厚くなり、水源機能洪水調整機能も大きく、動物の食料となる種子が実ることから多様な生物育成に貢献している。 

 もともと雑木林は先人が薪炭生産のために人的にクヌギやコナラを植林し管理されてきたものです。 クヌギやコナラは皆伐しても翌年にはひこばえが育ち始め、15年~20年で元の林に戻る。 30年以上の老木になると根の活性が損なわれてくるのでひこばえの発生が悪く、元の林に戻りにくくなる。 従って、この林を利用するには20年~25年間隔皆伐を繰り返すのが良いとされている。 皆伐後に生えるひこばえは大きい根が有るため成長が速く、しかも植林することなく利用できるので植林木に比べて低コストとなるから、バイオマス燃料に最適であろう。 当該林を25区画程度に分け、毎年1区画の皆伐を繰り返せば、毎年一定量バイオマス資源を供給できることになる。

 このように、森林の役割を理解したうえでその管理サイクルに基づき、適正配置と利用計画を全国網羅で策定できるのは、国家をおいて他にはない。 

 

原料供給にリンクした発電所建設を!

 前述のように、森林の配置を決め樹種が決まれば毎年生産される木材量が計算できる。 建材等で利用できるもの以外はバイオマス燃料とすれば、年間バイオマス燃料の供給可能量も計算できることとなる。 この供給量から計算された量を消費するバイオマス発電所を近隣で建設すれば、まさに地産地消再生可能エネルギーの電源が確保できることとなる。 産地近くでバイオマス発電所を設置し、得られたバイオマス原料を半炭化ペレットとすれば保管発電所での燃料融通も容易となるので、倒木被害などで原料供給が多くなった際は、生産を多くしても問題は生じない。 

 

太陽光発電と組み合わせて、安定電源化を!

 太陽光発電の弱点は太陽が見えなくなると発電しないことであるから、これをバイオマス発電と組み合わせれば安定電源とすることが出来る。 更に、近隣に風力発電水力発電があればこれとも連携し、仮想発電所技術でネットワーク化すれば大きな安定電源発電所とすることが出来る。 安定電源化すれば、CO2排出の多い石炭火力などの化石燃料発電を減らし、将来は全廃になるであろう原子力発電に替ることができるのである。

 

開発人生記  その7

 

             六脚走行機械にかける夢

 

 以前公開したブログ「企業経営のお話 その2 創業のすすめ」の中で、私は「幸せな「開発人生」を満喫できました」と過去形で記述しましたが、実は現在進行形で「新しい機械の開発」も手掛けています。

 現在進行中の開発は「六脚走行機械」です。 これは当ブログ内「令和の日本列島改造論 その2」で提案している林業用の建機で、日本の林業の現状を大きく変えようという考えで進め始めたものです。 

 日本の山地には無限といえるほどの木材資源が存在しますが、これの搬出コストが大きく、搬出してもそのコストを回収できないという点が、日本の林業を大きく圧迫しています。 この点を解消すれば、日本の林業の未来も明るくなり、森林材利用による環境貢献は多大なものがあると確信していますので、提案しても実行してくれる人が現れそうにも無いことから、自ら開発にチャレンジを始めました。 

 機構や仕様、使用方法等のアイデアは私が考え、走行制御プログラムは長岡技術科学大学梅本先生が開発を進めています。 先般この開発をマスコミリリースしたところ、223日午後6時半頃の地元TV・KNBニュース番組(下記写真)で取り上げられたので、見られた方も多いのではないかと思います。 

f:id:koufuku-kyouden:20210408093449p:plain

 

 この開発は多分私が今まで開発したものの中で最もスケールが大きいものになるはずです。 また、かなりな時間も要すると思われるので、これからの生涯をかけたライフワークとなりそうです。 

 

六脚走行機械とはどんなものか

 六脚走行機械とは何? 開発してどうするの? という声に応えて説明します。

 

        f:id:koufuku-kyouden:20210408093837p:plain

 

 六脚走行機械は、文字通り六本脚で歩く機構です。 現在、実用化されている自走機械の走行部車輪(タイヤ)無限軌道(クローラーが付いています。 タイヤ付きの機械はかなり平坦堅固な地表面しか走行できません。 クローラー付きは少々の不整地でも走行できますが、段差苦手で1mの段差でも乗り越えられず、傾斜20°程度までしか登れません。 また、傾斜や凹凸が有ると本体自身が傾き、作業性が極端に悪くなります。 これに対して脚式の走行体は脚の位置や角度を調整することにより、地盤の傾斜に関係なく本体を水平に保つことが出来るなど、多くの利点が有ります。 具体的利点は次のようなものが考えられます。 

  • 悪路、不整地、傾斜地、河川横断等道路以外を走破出来る
  • 一定以下の障害物や段差は、乗り上げや乗り越えができる。
  • 地盤の傾斜、凹凸にかかわらず、機体は一定の高さ・角度を維持できる
  • 脚角度コントロールにより全幅を調整できる(停止中・走行中とも)ので、狭い場所も通過可能であり、広い場所では安定作業が可能となる
  • 停止位置から360°どの方向へも進行可能である
  • 地表面から機体下面までの距離(最低地上高)を変化させられるので、一定水深以下であれば、水の中でも歩行可能である
  • スリップすることが少なくけん引力が強いので、不整地用トレーラーヘッドとして使うことが出来る

このように従来の走行体には無い多くの利点があるため、過去には開発にチャレンジした人もいたのですが、実用化に至ったことはありませんでした。 これは、脚式走行体の走行制御は非常に難易度が高く、コンピューターによる制御プログラムが未熟であった過去には、スムーズな制御が出来なかったからです。 しかし、現在の電子技術やソフトウエア技術、AIやセンサーの進歩、制御半導体の小型化や高性能化が相まって、スムーズな走行制御技術開発の環境は整ったと考えられます。 これが完成すると山地、傾斜地など従来は道路を作りながら進入し、作業していた現場へ道路を作らず歩行進入が可能となるのです。

 

どこで使うのか

 この走行体が完成すれば、最も恩恵を受けるのは日本の林業であると考えられる。 日本の山地には無限と言えるほどの森林資源が眠っている。 しかし、傾斜地が多い日本の山地から木材を搬出するコストは高く、海外からの安価な木材に押されて国内林業は壊滅的打撃を受け、国の助成を受けて設けた林道や作業道付近の搬出が容易なもののみの利用にとどまっている。 道路を作らずに木材搬出が可能となれば搬出コストは劇的に下がり、木材利用は輸入から国産に大きくシフトすることとなる。 

 

      f:id:koufuku-kyouden:20210408094338p:plain

  林業用の機械は上のようなイメージで、伐採、玉切り、枝打ちを自動的に行うことが出来るハーベスタを取り付け、後部にはウインチを装備することとなろう。

 

       f:id:koufuku-kyouden:20210408094512p:plain

 ウインチが有れば索道を張り、道路無しでの木材搬出が容易となる。 上のイメージ図のように、本機2台で索道を張れば、設置作業も簡易である。 本機が1台であれば一方端には立木の反力を利用した支点を設置することとなる。 ラジコン索道操作が出来るので、トラックに直接積み込むことも容易となる。

 これから通信環境5G、6Gと高速大容量化が進むと、本機にカメラを取り付け無線操縦化すれば、伐採作業は現地へ赴かず自宅パソコンからの操作で可能となり、林業3K(きつい・汚い・危険)業種から脱却できるのである。 

 

 農業でも利用できるところは沢山あると思われる。 現状、稲作では相当機械化が進んでいるが、これは田面は平坦であり国が大きな補助金を出して圃場整備を行って大面積化を行った結果であり、畑作果樹園芸分野では地表面凹凸段差が多く、傾斜地も多いことからいまだに労働集約的生産であり、機械化は非常に遅れている。 六脚走行機械であれば地表面の状況にかかわらず機械本体は一定の高さと角度を維持することが可能なので、植え付け収穫なども機械化・自動化が容易となる。

                  

      f:id:koufuku-kyouden:20210408094729p:plain

 

 上図は果樹収穫のイメージであるが、このような平坦地で無く傾斜地でも安定した作業が可能である。 もう少し技術が進歩すれば、果樹園に人が行かないリモート収穫やカメラで果樹熟度を認識して収穫する自動収穫の時代もいずれ到来する。 

 

 建設業では災害復旧渓間工事などで工事機械・資材搬入のため、急斜面や不整地に搬入道路を作ってから工事にかかる場合が多い。 この機械を利用すれば搬入路を作らず機械を現場に入れ、資材は索道やポンプ圧送などで搬入することが可能となる。 道路築造費用削減や山地現況変更による環境破壊の防止に役立てることが出来る。

 

 道路や水路などの法面除草等には傾斜対応力が大きいことと、横断方向で法面を登りそのまま縦断方向へ進行して作業が出来るので地表面を乱すことが少なく、この機械の長所を生かした作業となる。  

         f:id:koufuku-kyouden:20210408095025p:plain

 上図は道路法面除草のイメージであるが、このような現場でも機械は横歩きで法面を上昇し、縦歩きで作業することが出来る。 また左右脚接地位置に高低差が有っても、機体は水平を維持できるのである。

 

 洪水や地震津波で道路が寸断されるような災害復旧現場でも掴みフォークを取り付けた機械を投入すれば歩行によりピンポイントで必要な場所へ到達し必要な作業を始めることが出来る。 がけ崩れや大雪で道路が寸断し、孤立した集落などへ食料を運搬した上で必要作業をこなすことも可能となる。 

 災害復旧用の機械を専用に確保しておけば使わなくても保管場所費用メンテナンス費用が発生するが、通常は林業等で使用して、いざ災害というときにはこれらを利用できるような契約としておけば、使用に応じた費用のみしか発生しない上、機械のアタッチメント交換のみですぐに調達でき、オペレーターもついてくるのである。 

 

 このように、高速走行は苦手であるが不整地でも安定した作業が可能となるので、限りない用途が期待できる。 要(かなめ)はスムーズな走行をコントロールするプログラムにある。 

 私は機械工学を学んだので、構造を考えるのは得意だが走行の電子制御は不得手なので、この分野は得意な人に任せることとした。 知己を頼って長岡技術科学大学梅本和希先生にお願いをすることになり、昨年(2020年)4月より研究を開始した。 先ずはミニモデルを作り、各関節はサーボモーターで駆動し、とりあえずは平面での安定走行を目指した。

      f:id:koufuku-kyouden:20210408095538p:plain     

 写真の実験機で昨年12月までに縦、横、斜め及び緩い傾斜地は走行が出来るようになった。 ただ、写真でわかるように電源や走行制御は外部から有線で電気を送っているので、本年はバッテリー制御頭脳を搭載して無線化し、外部でのジョイステック操作で動かすことと各種センサーを増やして最低地上高制御急傾斜地安定走行等の能力増強を計画している。 

 この実験機が一定のレベルになれば次は実機の1/2~1/3の大きさでエンジンを搭載し、油圧駆動する実験機開発に進む見通しである。 順調にいけば8~10年後には実作業が出来る実証1号機が出来る予定であるが、果たして私が老化せずに開発を続けられるかどうかは、神のみがご存じというところであろう。 

 今後は開発の節目節目で開発状況を発表していけたらと思う。 興味のある方は、是非自分が出来る範囲での協力を頂ければ、大変ありがたいと思う。 

家庭菜園奮闘記 その34

              芽を出してきました

 

 今年から沢山収穫出来そうだと、昨年から期待していたアスパラがいよいよ芽を出してきました。

        f:id:koufuku-kyouden:20210324114558p:plain

 これからどんどん芽を出してくるはずですが、アスパラ4月いっぱいまで芽を出したものは全部収穫します。 5月に入ると株の維持のため収穫せずに大きくします。 勢いがいいと沢山芽を出して密になってくるので、密にならないように間引き収穫を行います。 毎年しっかりと施肥をすれば、これを10年程度続けることが出来ます。 10年も経つと次第に株が弱ってきて、芽の出が悪くなるので新しい株に更新します。  

 

 昨年秋に植えたホウレンソウの雪よけ透明シートを外しました。 大雪にも負けず、元気そうです。 もう少し大きくして収穫します。    

        f:id:koufuku-kyouden:20210324115043p:plain

 

  陽当たりの良い場所の早咲き水仙も開花しました。 もうすぐも開花します。 畑はお花いっぱいに包まれます。        

          f:id:koufuku-kyouden:20210324115353p:plain

     

家庭菜園奮闘記 その33

              芽を出してきました

 

 分葱(わけぎ)が芽を出してきました。 いつもはもう少し大きくなってから採っていたのですが、少し硬くなって筋がのこり、食感が悪かったので今年は早めに収穫してみました。

f:id:koufuku-kyouden:20210316152613p:plain    

 早めに収穫したら、大変柔らかく美味しくいただけました。 細くて短くきれいに洗うのが大変ですが、春一番の味が楽しめます。 わけぎは庭の隅でも育つので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 先のブログでアスパラが昨年1年でずいぶん大きな株となったことを書きましたが、まだ芽が出てきいません。 今年は暖かくなるのが早かったので、もうすぐ芽を出すと思います。 

     f:id:koufuku-kyouden:20210316152809p:plain

 アスパラは株がおおきくなると10年位は施肥だけで毎年収穫が楽しめます。 写真のように大株となったので、今年から美味しいアスパラが沢山楽しめそうです。

 

 畑の周りの花桃の蕾も膨らんで、もうすぐ開花です。 春爛漫、今日も外で楽しい農作業です。

       f:id:koufuku-kyouden:20210316152958p:plain


 

家庭菜園奮闘記 その32

                                              春作業が始まりました!

 

 いよいよ畑の雪も完全になくなりました。 そして、春の作業が始まりました。 まずは、が来る前に、電気柵の修理です。

                              f:id:koufuku-kyouden:20210308110750p:plain

  電気柵は雪が有る間、通電も止めていました。 雪で漏電し、全く効果がないし、雪が有る間は猪も来ないだろうと思ったからです。 案の定、猪が近づいた形跡はありませんでした。

 以前の柵線は白色でしたが、今回はオレンジ色です。 あちこち切れたので、通電部分全面交換しました。 NETで最安値の柵線を探したら、オレンジ色の柵線が250m巻で運賃込みで2350円だったので、これを選んだのです。

 

 いちごも元気そうです。 病気にならないように、枯れた葉は全部撤去しました。

        f:id:koufuku-kyouden:20210308111109p:plain

 

  ネギは地上部が枯れて短くなっています。 けれども地中部は元気に生きているので、少し収穫して帰りました。 冬前に収穫したネギは太いのですが、冬が過ぎた今はもう分蘖(ぶんけつ)が始まって細くなってしまいました。 しかし、寒さに当って一層美味しくなっていると思います。

  f:id:koufuku-kyouden:20210308111346p:plain

 

  雪でペチャンコになっていたいろいろな野菜も起き上がって成長を始めました。

  f:id:koufuku-kyouden:20210308111750p:plain

  元気に育って美味しく実れと声をかけています。 

 

 雪の降る直前に定植したホウレンソウは透明シートの覆いの中で元気に育っていました。 もうすぐ収穫できそうです。 寒さに当って、甘いかも!

          f:id:koufuku-kyouden:20210308112140p:plain